車好きの方では、自宅にいながら車を眺めていたいと考える方も少なくありません。そんな方に最適なのが、ガレージハウスを盛り込んだ注文住宅での施工です。ガレージハウスを採用することで、どんなメリットがありデメリットがあるのか考えておくことも大切です。ガレージハウスは1階に造るのが一般的でその分面積が少なくなるので、住居の強度を高めることがとても大切になり、耐震性の高い住居の完成が重要です。ガレージハウスが自宅にあることで、年間の駐車場代を無くすことができ、固定費削減に繋げることができます。道路と住宅との幅から車の出入りやすさを計算し、入庫後の乗り降りの際に狭くならないよう広いスペースを確保することも大切です。ガレージハウスを中心に注文住宅として施工を行なう場合は、必然的に間取りの工夫が必須になります。

注文住宅でガレージハウスを採用する際のメリットとデメリット

注文住宅でガレージハウスを採用するメリットには、実用的で固定資産税を安く抑えることができる点が挙げられます。実用的な点では、子育て家族や介護が必要となる家族がいる場合車は欠かせないと言えます。市街地に注文住宅で建てる際には駐車場を考える必要がありますが、このような場所では自宅から近く便利な場所に見つけることは容易ではありません。自宅にガレージハウスを造る事で駐車場問題は解消でき、雨の際に濡れる心配も無くなるので心強いです。また、ガレージハウスに占める面精が面積の5分の1未満であれば床面積に加えられることがないので、固定資産税を抑えることができます。とはいえ、ガレージハウスと隣接している住居部分によっては、早朝や深夜での騒音で家族の眠りを妨げることも大いに考えられるので、間取りを考える際には寝室やリビングなどの静けさを求める場所に隣接して施工しないことが大切です。

ガレージハウスを注文住宅で取りいれる際に注意すべき店

注文住宅でガレージハウスを設計する際に考えておきたいのが、愛車を眺めるための広さで事が足るのか、作業空間も合わせて施工するのかという点です。愛車を眺められたらいいという方では、入庫と乗り降りの広さがあれば十分と言えますが、ガレージ内で洗車や作業を行なうことも視野に入れているのであれば、防水、防汚対策はとても重要になります。作業ででる汚れや油を落としやすくしておくことで、長年たっても美しいまま使用できると言えます。車やバイクから出る排気ガスに対しての対策も忘れてはいけません。空気の循環を良くするためには、大きなファンなどを用いて循環することも良いアイデアです。ガレージハウスで作業を検討している方は、より美しく快適に使用するためにもこういった設備は必要不可欠です。

専用フォームにて、イベント来場のご予約も受け付けています。 住宅展示場にてモデルハウスをご用意。住まいの居心地や質感をご体験できます。 デザイン&テクノロジーをコンセプトに、機能性も備えた家をデザインしています。 アフターメンテナンスで、充実したセカンドライフも実現できます。 ポウハウスの家づくりは、3つのシステムが支えています。 ショールームでは、家づくり・住まいに関する疑問も解決できます! ガレージハウスの注文住宅はポウハウスで!