ガレージハウスとは注文住宅で家屋を建てる際に家とガレージを別々に建てるのではなく、上手に家屋とガレージを融合させて日々の暮らしのできる家と愛車やバイクが側に置いておけるガレージを一体化させている家の事を指して言います。バイクや車がただの足として利用するのではなく、趣味として手元に持っているものであれば家から離れた場所のガレージに置いておくよりはいつでも自分の好きな時に眺めていられる距離に置いておきたいというのは理想でもあります。しかしガレージハウスのイメージを伝えても実現不可な場合もあり、なかなか自分のイメージにマッチングしたものを建ててもらえなかったという事も中にはあるものです。そこで、上手く自分の持っているイメージ通りのガレージハウスを注文住宅で建てられるコツを紹介していきましょう。

夢のガレージハウスを注文住宅で建てるコツ

憧れのガレージハウスを自分の理想通りに注文住宅で実現するには、家の間取りなどをしっかりと考えておくことと、家を建てようとする場所に歩道があるかなど、その家の構造やガレージにする際にはバイクや車を入れるのですから、歩道などの段差がある場所であれば当然ながら申請して、その歩道の段差を無くす工事なども必要になってきます。思ったものと違うようにしかできない、ということにならないように事前に注文住宅を請け負ってくれる業者の方ともしっかり相談を行うことが大事です。ガレージにバイクや車を停めるだけでなく、整備など自分で扱うことが好きな場合には床が汚れても大丈夫にして、家の中からガレージが見られるビルトインタイプであればエンジンをかけても排気ガスが家の中に入らない構造にする必要がありますので、そのあたりも先に考えておきましょう。

注文住宅を活用してガレージハウスを建てるポイント

注文住宅の会社にガレージハウスを建ててもらう際には、その注文住宅の会社がこれまでにどれくらいのガレージハウスを手がけてきたかを参考にするのがおすすめです。ガレージハウスをより多く手がけてきた業者であれば、こちら側からの注文の際にも気付いたことなどを教えてもらえるからです。ガレージハウスの形は好みや建てる土地などに左右されるものですから、なるべくどんな条件があっても自分の希望する理想のガレージハウスを建てられることに意味があるからです。家を持つだけでなく日々の趣味としても生活に張り合いの出ることは間違いなく、安い買い物ではないのできちんと要望を満たしてくれる注文住宅の業者の方が安心感も違ってきます。参考になる冊子を提供してくれる業者もあるので、事前にチェックを入れておくのがいいでしょう。