結婚して家族が増えたタイミングや、子供が生まれたタイミングなどでマイホームを考える方は多くいますが、マンションか戸建てかの選択で戸建てを選択する人の中で、特にデザインにこだわりたいという方は注文住宅を選ぶ場合が多いです。注文住宅は予算の兼ね合いもありますが建売と違って自分の好みを存分に叶える事ができます。中でも車やバイクが好きな方にはガレージハウスがおすすめです。ガレージハウスとは駐車スペースと居住スペースが一体となっている住宅もしくは、同じ敷地内にガレージと住宅のある家の事を指します。一般的には一体化している住宅が多く、土地の狭いところなどでは住宅の1階部分を駐車スペースにして、2階以上を居住空間にしている3階建てなどのタイプが多く、子育て世代などを中心に選ばれています。

注文住宅でガレージハウスを建てる為には展示場へ行ってみる

実際にガレージハウスを注文住宅で建てようと考えた時に、知識が全くない状態ではどのように話を進めていけばいいか困ってしまいます。何も下調べをしないままで業者に依頼してしまうと、完成後に希望とは違った家になってしまったなんて事にもなり兼ねないので、事前によく勉強しておく必要があります。勉強する為には先ず住宅展示場へ足を運んでみる事です。展示場なので実際のガレージハウスを見る事ができ、イメージも沸きやすくまた業者によってどのような家を建てられるのかなどもよく分かります。更に展示場でスタッフの話を聞く事で、その業者がどのように対応してくれるのかも分かるので、複数の展示場に行ってみるといいでしょう。そこで気に入った業者を見つけたら次に施工事例の資料なども取り寄せるともっといいです。

ガレージハウスを注文住宅で建てる時は間取りも大切です

ガレージハウスの展示場へ行った時や、帰宅後ホームページから資料請求をするなどの方法で、他の注文住宅の施工事例集を取り寄せている間に自分たちがどのような間取りを希望しているかも、大まかに考え始めておくと更にイメージも膨らみます。間取りというとリビングや子供部屋に寝室と居住空間を浮かべてしまいがちですが、実は重要なのは収納スペースであったりします。例えば玄関には冬などにコートを掛けるスペースが必要となるのですが、そういったスペースを設けずに建築してしまうと、結局毎回ソファーに上着を掛けているという事もよくあります。また玄関横の収納スペースというのはお子さんがいる家庭ならベビーカーを閉まったり、収集日までの間ゴミを入れて置いたりと活躍するので大変重要になってきます。このように収納と部屋大きさなどとを上手く鑑みて検討すると満足の行く家が建てられるでしょう。